カテゴリ:project concept( 4 )

about Sapporo2

2006年にアーティストKamiel Verschuren(カミーユ・フェルシュフーレン、オランダ)によって提唱されたオープンコンセプトに賛同した有志によるアートプロジェクト。

2006年から毎年1月11日〜2月22日をプロジェクトシーズンとしている。“いつもの、現実の札幌”をSAPPORO1と、雪の降っているときの札幌を、現実=いつもの札幌にパラレルに存在するもうひとつ別の世界=”SAPPORO2”と名付ける。

SAPPORO2は雪のおかげで自由であり、”いつも“と違うことを試すことができる。雪でもうひとつ別の町、いつもと違う暮らし、新しい雪のまつりをつくるようなものだ。

そんな雪のふる札幌はどこよりも特別な場所である。

Sapporo2でアーティストは既存のシステムを超えたアイデアの実践や考察、エクササイズを個人で行い、自主的にワークショップをするといった集団的な創造活動をする。

雪が降り、町が雪に包まれたら「モノの見方」を変えてみる。創造的にハメをはずすこと、生きること、つくりだすこと、を、札幌の人ならだれでも、雪の札幌にいる人ならいつでも実行するチャンスがある。

2013.2.14

by join_sapporo2 | 2013-02-14 21:06 | project concept

Sapporo2 Day / 札幌のための新しい祝日(Sapporo2 宣言)

Sapporo 2は、札幌という都市に向けた、新しい文化プロジェクトであり、新しい雪まつり誕生の可能性を追求している。

プロジェクトの最終的な目標は、初雪の翌日に新しい祝日=「Sapporo 2の日」を制定することである。「Sapporo 2の日」には、みんなが普段通り授業や職場に赴く代わりに、共同で雪の町を除雪する。それは、地元札幌や海外から集まってきたアーティストが加わって、除雪をしながらいろんな種類の雪像やオブジェをつくって、徹底して楽しむ、ということだ。

翌年もまたその翌年も、初雪が降れば繰り返し「Sapporo 2の日」がやってくる。この都市のお祭りは地域の至る所に、日常でありながらも「文化的なハレ」を持ち込む。Sapporo 2を毎年繰り返す中で、前の年の自分の成果から、そして、町のどこかで見かけた誰か別の人の作品の存在から、ひとはなにかを学びとる。

Sapporo 2は共同のプロジェクトであり、個人の問題解決のための個人的な意見の発露の場でもある。札幌の人々には、表現する方法や、自分自身への問いかけの方法としてSapporo 2がある。これらぜんぶをひっくるめた新しいおまつりそのものは、住民のバイタリティーを表しているのだ。


札幌は、この町丸ごと巨大な雪まつりになる。


2010/01/01
Kamiel Verschuren /カミーユ・フェルシュフーレン

The Sapporo 2 project investigates possibilities to create a new annual cultural snow festival for the city of Sapporo.

The final aim of the project is to create a new holiday on the second day of snowfall, Sapporo 2-day, a day on which all inhabitants are free from work, school or household, free to collectively experience their city as one very large urban snow sculpture.

Previous to Sapporo 2-day, everyone goes to school, to work as if it were an ordinary weekday, taking the bus, car or subway. But instead of going to class or to the office, all inhabitants of Sapporo will collectively clean the city of snow and by doing so create all kinds of sculptures and objects, supported by artists of the city and abroad.

Each year again and again, as the first snow falls, Sapporo 2-day is celebrated. This urban festival comes to life as a true cultural celebration for all communities. Each year one can learn from what one has done the previous year, from others, from what one has seen and remembers.

It allows individual statements, to address personal issues, as it allows collective projects. It offers the people of Sapporo a way to express and question themselves.

The festival as a whole also expresses the level of vitality of its inhabitants.

The whole city becomes one very big snow festival.

by join_sapporo2 | 2012-02-18 11:16 | project concept

2012.02.02_event info will be released TONIGHT !

b0165697_17564655.png
hello every snow-person in the world!
b0165697_17415959.jpg
b0165697_17565762.jpg
b0165697_1757629.png

by join_sapporo2 | 2012-02-02 17:42 | project concept

Sapporo 2の雪は、美しい。The snow in Sapporo 2 is beautiful

その年最初の雪は、さあここが新しい始まりなんだと告げる。新鮮で、美しく、そして真っ白。
ただで手に入る上に、全てを覆い尽くす雪。
目にしているものは隠され、見えなかった別のものが露わになる。
ものの姿かたちは消え失せ、様々な形はひとつのまとまった風景になる。
動くものにはみな動いた跡がついてくる、同じ導線上に後ろへ前へとひっぱられながら、そのうちにほかの線と重なりあう。時間がたちまち視覚化されていく。

全てが白い、なにひとつ痕跡のない表面であり、または生々しい暗示なのか。

雪は平等である、そしてすべてのものとすべての人のてっぺんに降ってくる。
ただで手に入り、だれのものでもない。

雪は文化的な発展を黙って見守っている。
雪は来年もまたそのあとの年も、降り続く。
失敗と進歩のために、可能性とチャンスをくりかえし差し出してくれるかのように。

雪という現象は、空の雲に戻ってしまうまでのほんのつかのまの姿だ。
雲は雨に、溶けた雪に、河に、湖に、海そして大海から気体へと変化する。
雪はたしかに存在はするが、ほんの一瞬だ。

もしも私たちの現実が雪でできていたなら、その季節がくるたびにわれわれ自身について見直すことが出来るだろう、それに言ったことはみんな、そのうちぜんぶ消えてなくなるのだし。

Kamiel Verschuren / カミーユ・フェルシュフーレン

The first snow marks a new beginning, fresh, beautiful and white.
It comes for free and covers all.
Things are hidden and others revealed.
Shapes disappear and forms become one large landscape.
All movements become tracks, leading back and forwards within the same line, overlapping others in time, and time becomes visible in an instant.

All becomes white, unwritten surfaces or physical suggestions.

The snow is democratic, and falls on top of everything and everyone.
It comes for free and belongs to no one.

The snow allows for cultural development.
It will fall again next year, and the year after, offering possibilities and experiments to fail and progress.

The snow only lasts for a short period of time before returning to the clouds in the sky.
The clouds become rain, melting snow, rivers, lakes, seas and oceans turning to gas.
It is there but for a moment.

If our reality would be made of snow, we could rethink ourselves every season,
and all statements will eventually disappear.

by join_sapporo2 | 2012-01-18 10:54 | project concept