タグ:2011 ( 69 ) タグの人気記事

P3 art and environment 芹沢高志より

2011.3.30 P3ニュースレターより転載
---------------------------------------------
3・11以後

東北地方太平洋沖地震にともなう未曾有の震災を受けられたすべての
方たちに、今も厳しい困難に直面し、日々を懸命に生きるすべての方
たちに、同じ時間を生きるものとして、強く連帯の気持ちをお伝えし
たいと思います。命を落とされた方たちには言葉もありません。深く
ご冥福をお祈りするばかりです。

いまだ予断を許さぬ状況ですが、ひとつだけ確実に言えることは、地
震の前とあとで、私たちは変わってしまったということです。好むと好
まざるとに関わらず、これから私たちは、それぞれの地震後を生きてい
かねばなりません。

今回の災害は原子力発電所が被害を受けたことで、通常の自然災害とは
また別の、もうひとつの深い問いかけを私たちに投げかけたと言えるで
しょう。今までのやり方で良かったのかと、内なる声が叫ぶのです。

ひとつの時代が終わりました。今はまだ、難しいことはよくわかってい
ます。しかし私たちは、ここから新たな希望を生み出さねばなりません。
新たな未来を夢見るのです。

そうすることが、地震後を生きることになった私たちの、責務であると
思っています。

P3 art and environment  芹沢高志 

by join_sapporo2 | 2011-03-31 16:24 | note

(参考事例)小学校を丸ごと受け入れ:広島県 

いい方法だと思う、広島出身なので、うれしい事例です。小田井

ーーーーー
小学校を丸ごと受け入れ=廃校などを活用—広島県教委

時事通信 3月25日(金)14時59分配信
 広島県教育委員会は25日、東日本大震災で被災して児童の通学が困難になった小学校について、教職員も含めて学校ごと受け入れると発表した。人事交流のある宮城県教委に連絡した。
 受け入れは、4月からおおむね1年間で、広島県江田島市の「国立江田島青少年交流の家」に宿泊してもらい、近くの廃小学校を活用して授業を行う。受け入れ可能数は、児童150人(1学年25人)、教職員10人の計160人程度。
 教科書や学用品などは広島県教委で準備するが、広く寄付も募る。また、生活費については、「家庭の負担が基本だと思うが、個々の状況を踏まえてできるだけ負担がかからないようにしたい」(教委)としている。
 教委は、安芸高田市でも同様の方法で小学校ごとの受け入れを検討している。 

by join_sapporo2 | 2011-03-26 03:15 | information

ワコールアートセンター(東京青山)からの呼びかけ

スパイラルより、アーティスト、クリエーターのみなさんへ。
スパイラルからのお願い:復興支援イベントについて
b0165697_2319219.jpg

by join_sapporo2 | 2011-03-24 23:20 | information

(追加情報)避難者受け入れ先リンク

aw_ml miura fumiko さんの情報2件転載です.↓↓

○母子疎開支援ネットワーク「hahako」
一人でも多くの赤ちゃんお母さん妊婦さんたちを安全な場所に!民間での受入れ情報、空き家や廃校、個人団体といません、一時or長期受入れ可能な情報お待ちしています。右の【求)受入れ情報はコチラから】よりお寄せください。


○OPEN HOME PROJECT

日本の皆様へ

東日本大震災の被害にあわれた皆様に心からお見舞い申し上げます。

連日報道されていますように、震災の影響による原子力発電所の事故による放射性物質の影響を懸念しております。このたび欧州各地の方々が部屋を解放し、日本から一時的ホームステイを希望する方々を受け入れる運動を起こすことにしました。短期間でも、日本国外に滞在することによって心に少しの余裕をもっていただければとおもいます。

最大限方法を準備していますが、現時点では航空券を取得可能な方で欧州をはじめ、国外に退去できる方を対象にしています。宿泊受け入れ先はドイツ・ベルリンを中心に考えております。随時、情報はこのサイトを通じて更新していきます。

by join_sapporo2 | 2011-03-24 19:41 | information

(追加修正版)北海道での受入体制のメモ、ほかの地域での活動

Sapopro2 Projectの小田井です。

雪について考えるアートプロジェクトのSapporo2は、やはりこの震災、原発の状況に対して深くかかわり合っていることを痛感しています。心を整えながら、震災発生から有益かつ、必須の活動と思われる情報をこのブログに転載してまいりました。

わたし、小田井はレジデンスオーガナイザーであり、Sapporo2でもほんとうの意味で札幌独特のアートプロジェクトとして定着、進化、活用させていく為に、インターナショナルなAIRプログラムを始める予定でいました。その立場と考え方から、この事態においてSapporo2として、小田井個人としてできる被災者の為の一時的な受け入れ態勢への関与、中期、長期的な移住を希望する方々への居住空間情報の提供を目下の作業として取り組みたいと思います。

まずはすでに動いている北海道での受入byNPOの活動メモ
(↓↓3/24追加↓↓)
北海道NPOサポートセンター情報ブログ
(補足情報も転載:北海道では、道内被災対策は危機対策局が担当、泊原発は総務部原子力環境センターが所管ですが、遅ればせながら、総合政策部地域づくり主権局に専任参事をを置き、道外被災地からの避難・移住受入対応を行うことになったとのことです。)
(↓↓3/26追加↓↓)
北海道NPO被災者支援ネット
○活動目的
被災地・被災者支援を行っているNPOを支援することにより、被災地復旧・復興、被災者の生活再建支援に寄与することを目的とします。
とのこと。

【1】
(↓↓北海道被災者受け入れ支援ネットワークの野間さん↓↓)
受け入れ先情報を提供する人の為の投稿ブログ
北海道被災者受け入れ支援ネットワーク
すでに、いくつかの居住空間提供希望が投稿されています。

(↓↓さっぽろ自由学校遊の小泉さんから会議のお知らせです↓↓)
わたしは参加しようと思っています。
---------
次の要領で、全体会議を開催します。
名称:「東日本大震災市民支援ネットワーク・札幌 全体会議」
日時:2011年3月25日(金)19:00ー(21:00には終わりたいです)
場所:エルプラザ 会議室1
内容:理念と目的および組織体制の確認。被災地の現状と、支援ネットで動いている活
動について。
----------

【2】
(↓↓3/20付、小林董信@北海道NPOサポートセンターのメールより↓↓)
野間さんの、避難者、移住者受入プロジェクトとも連携した り、札幌の不動産空き情報1500件の物件情報提供(かならずしも無料では ありませんが)もいただいており、受入体制の構築も急務と考えております。

【3】
(↓↓朝日新聞北海道地域版より↓↓)
弁護士らの市民団体「子供たちを被曝(ひばく)から守る会・北海道」(事務局011・272・5000)は、東北地方に住む15歳までの子どもや妊 婦を受け入れられる家庭の募集を始めた。3カ月程度、自宅の一室などを提供できる道内家庭が対象。22日正午までに50件以上の受け入れ希望があったとい う。

【4】
(↓↓もちろん札幌市、自治体としての受入体制↓↓)
札幌市から被災地への人的・物的支援状況
【都市局】提供している市営住宅54団地250戸のうち、12団地29戸を提供

【5】
古巣、npo S-AIRでは代表の柴田より、理事山本謙一氏から複数のアパートが使用可能という返答をもらっています。柴田が関与しているSapopro Reliefという活動も始まっています。わたしの活動もここと連動しく予定です、3/25夜会合@OYOYOあり。
----------
(↓↓柴田の案内メールより転載↓↓)
Sapporo Relief
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5529302
http://www.facebook.com/pages/Sapporo-Relief/209827419030899?ref=ts
ここは、札幌のアートに関係する有志の人々が、東日本大震災の被災者・被災地のために、お互い一緒になって支援方法と行動方法を考え持ち寄る会議です。

It is the meeting that the people of a volunteer related to art of Sapporo marry you each other for a victim / the stricken area of the East Japan great earthquake disaster, and it thinks about a support method and an action method, and each bring it here.

这是在札幌的关于创造性的活动志愿者们 为东日本大震灾的受灾者·受灾地 互相一起拿出支持想法组成动作的开议。

여기는, 삿포로의 아트에 관계하는 유시의 사람들이, 동일본 대지진의 이재민·재해지를 위해서, 서로 함께 되어 지원 방법과 행동 방법을 생각해 추렴하는 회의입니다.
-------------

【6】インタークロスクリエイティブセンターICC
わたしたちのオフィスが入居している東札幌のICCでもたくさんではありませんが、いくつか空き室があります。関東、被災地のクリエーターの方で、作業場所、機材の必要な方はご検討ください。
検討される場合には、事務局への紹介、滞在される場合のアドバイスなどはSapporo2やS-AIRが相談に乗ります。

【7】
小田井と友人チームで、札幌市が管理している「活動停止中の公共施設」の再活用に向けて動きます。
こちらは、レジデンス機能を持つ、自由でオープンな、そして原発に頼らないエネルギーで稼働する建物にしていく計画です。

現在は、以上です。

遠藤水樹くん経由で、情報を得ているアサダワタルくんの関西を中心とした受け入れ先情報ネットワークにも参加します。
情報投稿などの参考例と連絡先入
アサダワタルくんのブログでの呼びかけです
【東日本大震災の一次疎開先を可能な限りつなぎます】

by join_sapporo2 | 2011-03-24 12:40 | information

Ganbare Japan Team, students at Gerrit Rietveld Academie

オランダより!ganbare japan!!
b0165697_2255215.jpg

(オランダ在住のアーティスト あべさやかさんからの情報です)
For Japan

We would like to help Japan earthquake and tsunami victims by raising fund to donate with message buttons and sending support messages from The Netherlands. GANBARE JAPAN!

We will send donation to Japan through The Netherlands or Japan Red Cross Society.

CONTACT:
ganbare-japan【あっと】hotmail.com
more information:
http://ganbarejapan.tumblr.com/about
organized by Ganbare Japan Team, students at Gerrit Rietveld Academie , Amsterdam

日本の方々へ

3月11日に発生した東北関東大震災により、被災されました方々、またそのご家族の方々へ謹んでお見舞い申し上げます。

この震災に向かい合っているすべての方々に、海外(オランダ)からも何か出来る事はないかと考え、メッセージ入り缶バッチ販売による義援金と、手書き応援メッセージを届けることに致しました。

集められた義援金はオランダ赤十字社、日本赤十字社等を通して被災された方々へ送る予定です。

詳細 : http://ganbarejapan.tumblr.com/about
連絡先:ganbare-japan【あっと】hotmail.com
ヘリットリートフェルトアカデミー 学生・がんばれ日本チーム一同。

by join_sapporo2 | 2011-03-23 22:49 | information

summer time blues _RCサクセション 

歌う。くそう、歌うぞ。

by join_sapporo2 | 2011-03-23 20:34 | note

imagine people under torment:あらゆる種類の被災者について想像する

石川直樹くんが東京に戻ったようです。
投稿にあった、
「 日常を失わなかった人は、その日常を続ければいい。ただ、繰り返しになるが、 マスコミその他にとりあげられることのない、無数の人の人生が被災地には存在している。かの地について想像し続けることをぼくはやめたくない。」
現場を歩き、見た石川くんの言葉に賛同し、心にとどめたいと思います。

by join_sapporo2 | 2011-03-22 16:56 | note

【受付電話番号追記】NPOねおすさんに託す岩手への救援物資リクエスト

(ml_npoより転載)
高木@ねおすです。
岩手県釜石市鵜住居・片岸地区を支援しています。
3月22日に現地への第4陣がワゴン車からねおすから出ます。

現地より下記の物資の要請が来ています。
3月21日 09:00~17:00の間に ねおす本部で受け付けます。
大変恐縮ですが、 ねおす事務所にお持ち込み頂ける方がいらっしゃれ
ば、事前に電話にて品名と数量をご連絡の上、ご支援をお願い致します。

【物資受付期間】
21日(月)9:00~17:00
22日(火)9:00~12:00
※上記時間以外は受付できませんのでご了承願います。
※必ず電話で受付を行ってからご持参願います。
※内容によっては受付できない場合もございますのでご了承願います。

【受付電話番号】
ねおす札幌事務所
011-615-3923 
(〒064-0952 札幌市中央区宮の森2条14丁目1-14)



下着 新品でお願いします。
   サイズは問いませんが、LやMが中心、男女子ども
靴下 新品でおねがいします。
運動靴 これもできれば新品でお願いします。 サイズ25や26前後
    大きなサイズもあると嬉しいです。
    
> 長靴(女性・子どもも)
    これは今現在緊急品です。多少使ったものでも構いません。
    も不明者の捜索へ地域の方々が出ていますが、
    運動靴で雪でぐちゃぐちゃになった被災地へでかけています。
    
> 野菜類  
> 各種調味料
> お茶、紅茶、コーヒー
> 目薬
> 台所用洗剤
> ゴミ袋

サランラップ
> 婦人用のズボン(スウェット等)
> 洗濯用品(ハンガー、洗濯バサミ、フック、ロープ、洗剤)
> 洗顔フォーム・クリーム・ハンドクリーム

コンテナなどクリアーケース(箱)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 NPO法人ねおす,ぶなの森自然学校 代表                    
 高 木 晴 光    harusan@neos.gr.jp
 
◆(黒松内・自宅) 黒松内ぶなの森自然学校 ◆
  〒048-0127 北海道寿都郡黒松内町字南作開76
  TEL 0136―77-2012  FAX 0136―77―2020

Twitterのユーザー名  hokkai_tarou (follow me!)
 http://www.d2.dion.ne.jp/~buna_ns/ ぶなの森自然学校HP
 http://blog.goo.ne.jp/haruneos/  高木ブロク「日々こうかい記」
 http://www.neos.gr.jp/   NPO法人ねおすHP

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

by join_sapporo2 | 2011-03-20 17:37 | note

Project's website URL will be changed

Sapporo2 Project website/URL will relocate to the following address.

!!NEW-URL!!: http://www.sapporo2.org

by join_sapporo2 | 2011-03-20 13:31 | information